賃貸を利用するときに、基本的な防犯対策の仕組みとしてチェーンとスコープが付いているかを見ます。

賃貸で基本的な防犯としてドアチェーンとスコープ

防犯カメラが設置されることによって、いろいろな問題が起きにくくなることがあります。最近は防犯カメラの画質も良くなっています。デジタル録画が可能なので、きれいな画質で長時間録画できるのです。以前は通常のテープをさらに画質を無視して長時間録画していたのであまりきれいには撮れませんでした。マンションにおいてもエントランスには必ずと言っていいほど防犯カメラがあります。どのような映像かを見ることもできるのです。

賃貸物件においては、まだまだ防犯カメラがないところも多いです。そうなると防犯対策については自分で行わないといけないこともあります。その一番大事なところが玄関になります。誰かが来たとき、安易に扉を開けないようにしなければいけません。ドアスコープがあれば、外に誰が来たかを見ることができます。相手は気づきません。また、ドアチェーンが付いているところもあります。これがあれば扉をすべて開けずに対応できるのです。

宅配業者などの場合、ユニフォームに安心して開けるとトラブルに合うことがあります。チェーンをかけたまま印鑑などを押して、荷物は床においてもらうなどします。そうすればトラブルにあいません。スコープとチェーンのお陰です。

Copyright (C)2018賃貸物件のホームセキュリティ.All rights reserved.