女性が賃貸を利用するときは下駄箱スペースが充実している物件にします。下駄箱の仕様もチェックします。

女性が賃貸を利用するときに下駄箱スペースと仕様

男性の会社員の場合、ビジネスシューズは2足から3足ぐらいでしょう。1足だと心配ですから、2足ぐらいあれば休ませることができます。その他プライベートの靴が1足から2足でサンダルなども入れれば5足ぐらいの人もいると思います。女性の場合はどうかといいますととても5足では収まらないでしょう。女性の靴は服と同じです。ですから、服に合わせるだけの靴が必要になるのです。10足以上30足以上持っている人も珍しくありません。

賃貸物件を女性が利用するときには、必ず下駄箱スペースは確認しましょう。靴置き場は大きな課題になると思います。下駄箱があってさらに玄関が広ければ申し分ありません。下駄箱が最低限しかなく、さらに玄関も狭いとなるとそれだけで対象からはずさないといけなくなります。玄関や下駄箱については、広さの中に考慮されていないことがあります。靴を置くスペースを考えたら、充実しているところを探したほうがより広く使えるのです。

また、下駄箱の仕様も確認をします。女性がよく履く靴としてブーツがあります。またヒールの高い靴などもあります。それらの収納がしやすいようになっているかです。同じサイズのものしか入らなければ、入れにくくなります。

Copyright (C)2018賃貸物件のホームセキュリティ.All rights reserved.